FX事業者を選ぶ場合の判断基準


eewppew最近はFXトレードの事業者が多くなりました。これだけたくさんあると選ぶ場合に、何を基準にしてよいのか迷ってしまいますよね。しかし大事なことですから、しっかりと理解して慎重にFX各種データから比較を行いましょう。

比較するべき項目は、「金利」「手数料」「取引している通貨の種類」などです。ほかにもいろいろありますが、初心者の方はまずこれらを比較することから始めましょう。まず、金利についてですが、スワップ金利を利用する場合に「金利差」によって利益を出そうと思う場合にこれが必要になってきます。

この金利差によって生まれた差額が利益になるのですが、その際、業者が取り扱う通貨や金利が違いますので、自分の取引にあった条件のものを選ぶようにしてみましょう。実際に業者を利用したことがある経験豊なトレーダーによるフォラムやFXブログ投稿などを訪問するのもよいでしょう。

次は手数料です。トレーダーによっては細かく何度も何度も取引される方もいらっしゃるでしょう。特にこうした取引をこまめに行う人には、この手数料は重要な項目になってきます。せっかく取引で得た利益が、手数料によって消えてしまうこともあるからです。取引の種類によっては手数料がかからないところを選ぶようにしましょう。

そして通貨の種類ですが、事業者がその通貨を取り扱っていなければそもそも取引することができません。新興国の通貨をエマージング通貨といいますが、これは事業者によっては取り扱っていないことも多いので注意が必要です。主要国通貨であれば、まずどこの事業者でも扱っていますので安心ですが、マイナー国の通貨は分邸名こともあり、取り扱っていないこともあります。

これら以外にも比較すべきポイントがありますが、特に初心者の方は、こうした直接取引に関係する部分だけでもしっかりと調べて選択するようにしましょう。海外の事業者の場合、安全性や過去のトラブルなども心配ですのできちんと調べておいた方がよいでしょう。

レバレッジも高く、ハイリスクハイリターンなので初めて利用されるならやめておかれた方が無難ではないでしょうか。ともかく事業者を選ぶ場合は、自分がどういうスタンスで取引したいのかをしっかりと自覚しておくことが大切です。